妊娠線予防クリームおすすめ人気ランキング

妊娠線予防クリームランキング@キレイなママになる方法

妊娠線は、絶対に作りたくない!本気でケアをしてキレイな身体のママでいたい!
妊娠線は一度出来てしまうと完全には消せないと言われています。

 

ストレッチマークとも呼ばれる肌の奥に出来るひび割れは予防する事がいちばん大切です。

 

妊娠中に変化するホルモンバランスや体重、体質や肌質など原因には個人差があります。

 

このサイトでは、妊娠線を作らないための予防法を徹底するための価値ある情報を一緒に見て行きたいと思います。

 

妊娠線を予防するには

  • 肌の内部と表面の保湿
  • 食生活などによる体重管理
  • 赤ちゃんの成長にあわせて大きくなるお腹を支えてあげる事

妊娠線予防には、大きく分けてこれらの3つの側面があります。

 

昔は、妊娠線は元気な赤ちゃんを産んだ勲章みたいなものだから諦めて・・・という方もたくさんおられました。

 

ですが、今では妊娠線の原因や仕組みの研究が進んで、予防の成功率も昔とは格段に変わってきているんですよ。

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームの選び方は、妊婦さんがいちばん迷うところではないかと思います。

  • 保湿力の高さ
  • たっぷり使える内容量
  • 合成香料や着色料、鉱物油、防腐剤などを使っていない低刺激なもの

この3つの基準で選ぶのがポイントです。

 

コスパや保湿力、評判なども確認して、自分の目でしっかりと納得のいく妊娠線予防クリームを選びましょう!

妊娠線予防クリーム最新人気ランキング

 

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームの特徴

ベルタマザークリームは、小柄な方や乾燥肌の方におすすめの妊娠線予防クリームです。

日本で唯一のシラノール誘導体配合クリームで、たまごクラブ・ひよこクラブでも特集が組まれるほど注目されているクリームで、香料、着色料、界面活性剤無添加。

肌の柔軟性を確保するためにコエンザイムQ10やヘスペリジンといった抗酸化美容成分も配合しています。

定期購入で初回¥500で使い始められる事から手軽でお得感がある事も人気の理由です。

価格 6,980円
評価 評価5
備考 定期購入申し込みで初回¥500(2回目以降)¥4,980
 
 

フォーファム

フォーファム・ボディミルク&ボディローションの特徴

フォーファム・ボディミルク&ボディローションは、ボディミルクとボディローションの2本立てで別々に開発された珍しい妊娠線予防クリームです。

内容量が1本で300ml入りで圧倒的な内容量になっています。コスパで選ぶなら間違いなくフォーファムがおすすめです♪

プロゴルファーでタレントでもある東尾理子さんが、今年の3月に出産された第2子の妊娠中から使っていたそうです。

無香料、無着色、エタノールフリー、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー。
という『完全オーガニック』にこだわったクリームで、家族全員で肌に安心して使えるのが特徴です。

価格 2,900円
評価 評価4.5
備考 コスパの良さと保湿力の高さが人気!
 
 

ノコア

ノコア・アフターボディトリートメントクリームの特徴

ノコアは出来てしまった妊娠線に効果が期待出来ると言われている妊娠線ケアクリームです。

EGF・FGFという肌の繊維芽細胞の増殖因子様成分を配合。
この成分と200倍にまで浸透力が高められたファンコスCI-Sという特別なビタミンC誘導体が肌の代謝向上にアプローチします。

傷跡になってしまった妊娠線を改善していくには、古くなった角質細胞はスムーズに剥がれ落ちて、新しい角質細胞が育つという循環が必要です。

ノコア・アフタボディートリートメントクリームは、この2つの条件を満たす事が出来る妊娠線ケアクリームとして人気なんですね。

価格 6,980円
評価 評価4
備考 公式サイトでは随時割引キャンペーン実施中!
 
 

AFCストレッチマーククリーム

AFCストレッチマーククリームの特徴

AFCストレッチマーククリームは、女性100人の声から生まれた妊娠線クリームです。

肌に優しいオーガニックな妊娠線クリームである事はもちろんですが、このクリームのいちばんのポイントは葉酸の配合量にあります。

妊娠線が出来てしまうのは、妊娠中のホルモンバランスによる肌のターンオーバーの乱れが原因。
AFCストレッチマーククリームは、この問題に立ち向かうために
細胞増殖や造血の働きがある葉酸の配合によって『肌のめぐり』を整えることを特徴としています。

また無香料、無着色で鉱物油フリーはもちろんですが、妊娠初期からケアをしっかり出来るようにネロリ(ビターオレンジ)の香りが爽やかさを加えている人気の妊娠線クリームです。

価格 2,800円
評価 評価4
備考 3本まとめ買いで10%OFF
 
 

AMOMAマタニティオイル

AMOMAマタニティオイルの特徴

AMOMAマタニティオイルは、妊娠線ケアの人気オイルです。

100%オーガニック無添加で、合成香料や着色料は一切使っていません。
助産師の経験も持つマタニティアロマセラピストがブレンドしたマタニティオイル。

日本人女性の肌に合うように米ぬかオイルと表面保湿に特化したマカダミアナッツオイルをベースに、パルマローザ、 フランキンセンス、 マンダリンの3種類の精油をブレンドしています。

ヴェレダマザーズボディオイルと比べて圧倒的なコスパの良さが光ります。

価格 2,129円
評価 評価3.5
備考 まとめ買い割引あり
 

妊娠線ができる原因ってどんなの?

妊娠線ができる原因は、冒頭でも個人差があると言いましたが、大きく分けると次のようになります。

  • 妊娠中のホルモンバランスによる肌代謝の低下
  • 赤ちゃんの成長でお腹が急激に大きくなること
  • 前に尽き出るお腹の重さで肌がさらに負担が増えること
  • 妊娠中は太りやすく皮下脂肪が増えやすいこと
  • 多胎妊娠(双子や三つ子)の出産
  • 体格が小さい方は皮膚の伸び幅に耐えられないこと
  • 経産婦

これらの原因に分けることができます。

 

妊娠中のホルモンバランスの変化や多胎妊娠、体格などは自分では変える事が出来ませんし、赤ちゃんの成長も喜ぶべきことですが、それと自分のお腹に2度と消えないと言われる傷跡が残ってしまう事は別次元の話です。

 

これらの原因別にページを用意して行きますので、そちらで詳しく一緒に見て行きたいと思います。

妊娠線が出来る場所はお腹だけ?

妊娠線ができる場所は、お腹周りだけではありません。

  • ヒップ周り
  • 太もも
  • バストの下と横
  • 背中
  • 肩や腕

これらの場所もお腹と一緒にきちんとケアをするためにはクリームの内容量やコスパも大切になってきます。

 

クリームやオイルは、内容量や保湿力にもこだわってしっかり選んで、妊娠線が出来やすい場所を全体的にしっかりケアをしていくことが大切なんですね。

妊娠線予防はいつから?

妊娠線予防は、妊娠初期のつわりが終わってからと言われていますが、ホルモンバランスの変化は妊娠初期から起こっています。

 

実際にお腹が大きくなり始めるのは安定期に入ってからですが、肌代謝の低下を助けるために、妊娠初期からクリームやオイルを塗り始めましょう。

 

妊娠中のホルモンバランスは初期では、ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが、安定期になる頃からエストロゲン(成長ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が両方同時に増え始めます。

 

妊娠線の原因のひとつの肌代謝の低下を招くコルチコステロイドという物質が生成されるのは、妊娠初期からと言われているため、出来るだけ早めの月齢時から妊娠線予防を始める事が大切なんですね。

妊娠線予防の具体的な方法は?

妊娠線予防の具体的な方法は

  • 妊娠初期から肌を内部・表面の両方で保湿する
  • 妊娠初期から食事で栄養管理と塩分控えめを心がける
  • お腹が大きくなり始めたら腹帯やガードルを使用する

これらの具体的な方法についてもう少し詳しく見て行きましょう。

肌の内部・表面の保湿

肌の内部と表面の両方の保湿と聞くと、いまいちピンと来ないかも知れませんね。

 

ですが、顔のスキンケアと同じように考えて頂けるとイメージしやすいかと思います。

 

顔のスキンケアは、化粧水のような浸透する内部保湿と美容液や乳液でうるおいを逃がさないようにする表面の保湿と2つがありますよね。

 

この両方を併行して行ってあげるのが理想的な保湿です。

 

妊娠線は肌の表面がひび割れるのではなく、肌内部の脂肪層が断裂する事による内出血で赤い線ができる現象です。

 

つまり、肌内部にうるおいを与えてあげて、それが逃げないようにオイルなどでフタをして閉じ込めてあげるイメージなんですね。

妊娠初期からの体重管理

妊娠中の体重管理は本当に大変ですよね。

 

妊婦健診でも常に体重を測られて、理想的な増え方でない場合は厳しく指摘されます。

 

ですが、妊娠中に食べないダイエットは良くないと言われていますし、実際に妊婦さん本人の健康と赤ちゃんの成長のために必要な栄養素があります。

  • 葉酸
  • 鉄分
  • カルシウム
  • タンパク質

これらの栄養素は、妊娠中の自分自身の健康と赤ちゃんの成長はもちろんですが、妊娠線予防にも効果を発揮するので、是非摂っておきたい栄養素なんですよ。

 

また、急激な体重増加はその分妊娠線が出来やすくなります。

 

そのため、和食で野菜中心の献立にしつつ、脂ものや塩分を控えて急激な体重増加につながらないようにする事も妊娠線予防になるんですね。

腹帯やガードルでお腹を支えよう

安定期に本格的な赤ちゃんの成長が始まると、ぐんぐんお腹が大きくなりますよね。

 

これは、赤ちゃんの元気な成長の証拠ですから嬉しいことです。

 

また、お腹の中で赤ちゃんが動くと実感もしますし、うれしさも倍増しますよね♪

 

ですが、大きくなったお腹を腹帯やガードルで支えてあげることも妊娠線予防には大切です。

 

というのも、お腹は前にたくさん突き出て、その分重みで下がります。
これが、肌をたるませて妊娠線の原因にもなります。

 

また、お腹が垂れ下がると、その分子宮も変形して赤ちゃんも苦しい思いをします。

 

昔ながらの『さらしタイプの腹帯』は岩田帯とも呼ばれていて、
吸水性もあり梅雨時や夏の汗も吸い取ってくれて汗疹(あせも)を予防してくれますから、
些細な肌トラブルが妊娠線につながってしまう事を防いでくれますよ。

更新履歴